I found this interesting, but the names of the days of the week match up in both Japanese and English, perfectly reflecting the names of the planets and their corresponding gods, and in turn the actual names of the days themselves. In addition, a lot of the Greek and Roman words are used as roots ..

Read more

夜明けダメ 寝返り、ポトン! 夢の音 Stupid morning dawn. Rolling over with a plop! The sound of a dream もう二分、 目覚ましの馬鹿! 朝嫌い Just two more minutes, Stupid alarm clock ringing I hate you, morning コーヒーは 神漿、大人 向けお目覚 Coffee is truly nectar of the gods, morning sweets just for adults あったかい フワフワ枕 逃げないで! So warm and fluffy, Super-huggable pillow, ..

Read more

The JQueryCollision project on SourceForge contains the basic code for finding the overlap between HTML elements, and the JQueryUIDraggableCollision offers the ability to restrict drag-n-drop based on collision information. JQuery Collision stats: 8851 downloads to date JQUI Drag Collide stats: 6400 downloads to date   I wrote these a number of years ago, and I ..

Read more

In a multi-threaded program, locks and interrupts can seem like an irresistable force meeting an immovable object. After all, if a thread is blocked, can it handle an event? Well, it depends on how you set it up, but at least in C, you can force the issue, and one of them does in fact win. The ..

Read more

もう一つの大切な出来事は僕が2016年、日本にいる時だった。その旅の終わり近く、広島のお好み焼きを無茶食いしたり、大鳥居を見に、渡し船に乗って行ったりした。僕自身には日本の一番重苦しい所を尋ねるつもりだった。それは広島の原爆ドームだ。第二次世界大戦での原爆落下のアメリカの責任を深刻に認識にいるので、その場所の感じを絵で描いて見ようと思ったのだ。しかし、経験は価値あるものだが、確かに色々不安だった。 先ずは、少し予備知識を説明させて貰たい。 9−11の時、マンハッタンで、住んでいた。その悲劇的な事件で死んだ人も、すんでのところで死を免れて助かった友人も、幸運にも仕事に遅れていってギリギリ死を避けた人も知っている。その日以後、アメリカは変わった。特にニューヨックも変わった。僕も変わった。その後、そこに行った事は一度ない。仕事に歩く途中で、そこで時間を取ったり見つめた事は一度ない。一つの例外はまだ煙っている廃虚の前でセルフィーを撮って笑っている観光者だった。いつも腹が立ったが言葉をグッと呑み込んだ。 追悼施設に一度行った、友達が歌った追悼コンサートに出席するためだった。その日暮れ、追悼の暗いピットに見つめている間に、その水がブラックホールに引っ張り込まれているように感じ、泣いた。追悼の上に立ったり、死んだ人の名前の上に座ったり、笑顔で笑って家族の写真を撮ったりしている人に気が付いた。吐き気がしたが、逃げ出した。二度と戻らなかった。 広島の原爆ドームについた時、出来るだけ説明文を読んでみる事にした。原爆のすぐ後、あちこちから片付けに来て、すぐそばで放射線で死んだ学生の事を習った。追悼塔は全部世界平和についてだった、報復ではなかった。「二度繰り返しません」。僕もそう思う。 原爆ドーム 「覚えたい」はちょっと違う。「覚えておきたい」と「忘れたくない」の方がいい。   イーゼルを立て置いている間に、9−11メモリアルに行った時と同じように気分が悪くなって来た。ドームの前で笑顔で笑っている写真と撮ったり、死んだ人達の名前の上に座ったりしている家族に気が付いた。敢えて言わなかった。僕の悲劇であるだけでなく、加えて、僕の国の及ぼした悲劇だった。しかし、僕は、同じような恐ろしさを認めて、心乱れた。 描いている間に、土地の人はいつもと変わらず足を止めて近付き、「素晴らしい」とかお世辞を言ったりした。しかし、黙って見ていた人が一人いた。ささっと、振り返って、「今日は」と言ったが、答えず、じっと見てばかりいた。急に声を上げた。「どうしてここにいるかい?」彼の方を向いたが、僕の事を睨んだ。若くて、僅か17−18歳過ぎなかったが、真面目な表現をした。質問は絵についてではなくて、なぜ僕がここにいるかについてだと思った。その質問を真剣に受けたかったし、本気で答えを返したかった。「僕には、ここにいるとワールド・トレード・センターと同じ感じがするから。」もう少しボキャブラリー持っていなかったが、目を見て誠実に言った。彼はは視線を外して、下をちょっと見て、少し柔らかくなった目で視線を返した。頷いて、「うん。いい。それは分かる」と言って、すぐ歩いて行った。 その人は微笑むことはなかったが、我々の交流から彼が欲していたことを受けたと思った。僕も、短くても大切な、文化的な繋がりを持った日だったと思う。 (v3) 原爆ドームの一期一会 もう一つの大切な事件出来事は僕のが2016の年、日本にいる時だった。その旅の終わりの近く、広島のお好み焼きを詰め込んだり無茶食いしたり、大鳥居を見に、渡し船に乗って行ったりした。僕自身には日本の一番重々重苦しい所にを尋ねるつもりだった。その所れは広島の原爆ドームだ。第二次世界大戦での原爆撃をする落下のアメリカの有罪責任を深刻に歴史認識があるにいるので、その場所がしているの感じを美術絵で描いて見ようと思いたかったんのだ。しかし、経験は価値あってもるものだが、確かに(“disturbing on many levels”)色々不安だった。 先ずは、少し予備知識を説明させて貰えない?たい。 マンハッタンで、9−11の時、マンハッタンで、住んでいる事だったた。その悲劇的な災害事件で死んだ人も、すんでのところで無くしてしまった死を免れて助かった友人も、ご利益で幸運にも仕事に遅れていってギリギリ死を避けた人もして知っている。その日の以後、アメリカは変わった、。特にニューヨックも変わった、。僕も変わった。後でその後、その所こに行った事は全然一度ない。仕事に歩く途中で、そこに近づかせられたが待ってで時間を取ったり見つめた事は全然一度ない。一つの以外だけ例外はまだ煙っている廃虚の前にでセルフィーを撮っていて笑っている観光者だった。いつもと腹が立ったが(“bit my tongue”)黙った言葉をグッと呑み込んだ。 追悼施設に一度行った、友達が歌った追悼コンサートに出席するためだけだった。その日暮れ、追悼の暗い穴ピットに見つめている間に、その水がブラックホールに引っ張り込まれているみたいなように感じをしながら、泣いた。追悼の上に立ったり、死んだ人の名前の上に座ったり、前に笑顔で笑って家族の写真を撮ったりしている人に気が付いて来たた。危なく吐く所だった吐き気がしたが、逃げ出した。二度もと戻らなかった。 広島の原爆ドームについた時、出来るだけ(plaque?)説明文を読んでみる事にした。原爆のすぐ後、あちこちから片付けに来ても、すぐそばで核放射線で死んだ学生の事を習った。全部追悼塔は全部世界平和についてだった、報復じゃではなかったんだ。「二度も譲れない繰り返しません」。僕もそう思う。 イーサルゼルを立って置いている間に、9−11追悼メモリアルに行った時と同じように気分が悪くなって来た。ドームの前で笑顔で笑っている写真と撮ったり、死んだ人達の名前の上に座ったりしている家族に気が付いた。黙った。絶対黙った。敢えて言わなかった。僕の苦痛ではない。かてて悲劇であるだけでなく、加えて、僕の国の及ばぼした無残悲劇だった。それはそうだというのが分かったがしかし、僕は、戦慄の類似同じような恐ろしさを認めて、心乱れた。 描いている間に、土地の人はいつもと変わらず足がを止まって調べにめて近付き、「素晴らしい」とかお世辞を言ったりした。しかし、沈黙で黙って見てばかりいた人もが一人だったいた。ささっと、頷いて振り返って、「今日は」と言ったが、答えなくて目がかけてばかりいたず、じっと見てばかりいた。急に声とを上げた。「どうしてここにいるかい?」彼に向かっての方を向いたが、僕の目にすぐ事を睨むのを見つけたんだ。若くて、僅か17−18歳だった過ぎなかったが、真面目な表現をした。質問は絵についてではなくて、なぜ僕が特定なここにいるかについてだと思った。その質問を真剣に受けたかったのでし、本気ので答えを返したかった。「僕には、この近くはここにいるとワールド・トレード・センターと同じ感じですがするから。」もう少し細かい単語がボキャブラリー持っていなかったが、目に合いながらを見て誠実に言った。彼は(broke eye contact)は視線を外して、下にをちょっと見て、少し柔らかくなった目で視線を返した。頷いて、「うん。いい。それは分かる」と言って、すぐ歩いて行った。 その人は微笑むことがないがはなかったが、我々の交流から欲しい彼が欲していたことを受けたと思った。僕も、短くても大切な、文化的な繋がりを作持った日だったと思う。 (v2) Bomb Dome Encounter Another important event occurred during my summer 2016 trip to Japan. Near the end of my travels there, between gorging myself on Hiroshima ..

Read more

2016の夏、何日か日本に泊まっている時、奈良を訪ねている間に面白い経験をした。着いたすぐ後で、荷物を引っ張って道を歩き、小さい旅館で置いておいた。日の光がまだあるうちに、仏陀の銅像の絵を描くため、出来るだけ東大寺で時間を掛けたかった。広島からの旅の後で、日本で初めてのカーレーライスはココカーレーで食べた。それは素晴らし..

Read more

A Continuation from Part 1 On to the next phase in the grand conquest of Atelier Sophie: The Ultimate Guide. We left off last time where I made a huge map, and was in the middle of making it dynamic. So now I present the continuation of that endeavor, where I get completely sidetracked and ..

Read more

OK, so I decided to finally create this website and blog and all, and the initial impetus for it was that there’s no good single place for Atelier Sophie FAQs or walkthroughs, it’s all spread across the universe, thinly sprinkled in blogs and chat threads. I beat the game and really liked it; it was ..

Read more